ブログ記事をすぐに公開するメリット・デメリット

f:id:rockstar7tools:20171022000513p:plain

どうも、いわほしです。

今回は、ブログを書き終わったあとにすぐに公開せずに下書きで置いておくことについて考えてみました。

きっかけは、昨日の晩に思いつきで書いた記事があるのですがどうも適当すぎたかなと思ったので結局公開はしなかったことです。

ブログを書き始めた初心者の方は、僕と同じことをやってしまう方も多いのではないでしょうか?

書き終わってから時間を空けて公開する場合

メリット

ブログを書き終わった後に投稿するまで時間を空けることで、自分が書いた文章を客観的に見ることができる、といったことがメリットとしてはあります。

書いたタイミングでは「結構上手に書けたと思った文章でも、後から見直してみるとそうでもなかった」といったことがなくなり、記事を公開した時点で、最初よりかは質の高い記事になっていると思います。

デメリット

ブログを書いたとしても、記事のクオリティが気になってしまい結局書いた記事を公開せずに消してしまう可能性がある。特に初心者。

他のブロガーさんが書いている記事と比べてしまったり、「自分が書いているときに思っていたほど上手に書けていないな…」と考えてしまって、せっかく書いた記事を公開することをためらってしまう場合が多いです。(僕の場合)

つまり、せっかく書いた記事を無駄にしてしまうかもしれないということです。

書き終わってからすぐに投稿する場合

メリット

書いた記事をすぐに公開することで、書いたときの印象や考えていたことを自分の中だけでなく記録として残しておけることがすぐに投稿するメリットだと思います。

僕は、毎日大量の情報をインプットしています。ニュースやTwitterや友達との会話などすべて僕にとっては知らなかったことであり大事な情報です。

でも、その大量の情報を自分の頭だけで処理しきれるか・覚えていられるかといわれるとまあ間違いなくすぐに忘れます。よっぽど大事なことで無ければ。

その時に持っていた感情や考えたことなどは次の日には感情が薄れてくるので、大して重要なことでもなかったのかなと思い、仮に下書きで置いてあるとしても、次の日の自分はその記事に価値を感じないと思います。

そのときにしか書けない文章というのはあると思います。

デメリット

勢いで書いた記事のほとんどは、初心者にとっても誰にとっても、質のよい記事だとは言いにくいと思います。 そのような質の低い記事はブログの評価を下げるという話も聞きますし、良いことではないでしょう。

まとめ

書いた記事の種類によって、すぐ公開するべきか少し時間を空けるべきは変わると思います。

情報系の記事やしっかりした記事の場合は、一度時間を空けることでより質の高い記事として公開できますし

オピニオン系の記事は、自分の気持ちを書いたものですからすぐに公開することで濃い記事になると思います。

どちらにせよ、完成度100%の状態で公開できることはあり得ませんから、個人的には完成した時点で公開していこうと思っています。

広告を非表示にする