いわほしの7つ道具

いわほしの7つ道具

肩こりに悩む大学生ブロガーの雑記

格安simならコレがおすすめ!lineモバイル!

f:id:rockstar7tools:20170623072931p:plain

格安SIMってたくさん種類があって、どれを選べばよいのかわからない人が多いと思います。

ですが、使い方次第で今のスマホから

同じ性能で・より安い値段で

使えるので、

大学生になってから自分でスマホ代払い始めたって人も、

家族全体の料金を払っているお父さんにもお勧めできます。

僕の友達もあまり格安スマホについては詳しくなかったので、

知らない人も多いかなと思ってまとめてみました!

今回は、現在僕が契約している、お勧めの「ラインモバイル」をご紹介したいと思います。

LINEモバイル」はSNSに強い!

LINEモバイル」はその名の通り、LINEが運営するサービスです。

公式サイトはこちら

今やほとんどの人がLINEを使っていますよね?

ですので、皆さんにもなじみやすいのもポイントです。

LINEモバイルの大きな特徴は、LINEアプリの通話・トークが使い放題という点です。

さらに3GBプラン以上でTwitterFacebook・インスタグラムなどのSNSも使い放題になります!これは大きいんじゃないでしょうか?実際に僕がLINEモバイルを使うきっかけもこのSNSが使い放題という点です。

外出先で暇さえあればTwitterをやっている人間ですので、非常にありがたいです。何度もチェックしていたり、投稿していると気が付けば通信制限食らっているとかよくありましたからね…

今はそれがなくなって快適にSNS使いまくっています(笑)

動画のアップ等も通信量に含まれないので、そこらへんよくやる人とかは、非常に使えるかなと思います。

LINEの年齢確認ができる

LINEは年齢確認しないと、IDが使えないですよね。そうなると、QRコードで交換したりして、少し面倒な時があります。

大手キャリアの場合は、普通に年齢確認ができるので何の問題もありませんでしたが、格安SIMにした場合、年齢確認ができません…

でもLINEモバイルなら自社のデータを使って年齢確認ができるので他の格安SIMと比べると、さすがLINE!!って思いますね。

未成年であっても契約できる

公式サイトによると、18歳以上で保護者の同意があれば契約できます。

申し込みページでチェックを入れれば、保護者の同意があるものと見なされますので、大丈夫です。

通信制限を食らってもLINEはできる!

前に書いた通り、SNSでの通信量がカウントされないので、もし通信制限になってしまってもSNSだけはそのまま使い続けることができます。

余った通信量は翌月に繰り越せる!

もしその月で5GBの契約をしていて3GBしか使わなかったとしても、余った2GBは翌月に使うことができます。

つまり、翌月は7GB使えますね!

契約しているだけでLINEポイントがもらえる!

LINEモバイルでは月額使用料の1%がLINEポイントとして戻ってきます。

動画とかアプリをダウンロードしてコツコツと貯めるより効率はずっといいですよ。

数か月に一回スタンプが無料で手に入ると考えると、お得ですよね。

サポートはLINEのトークで!

サポートといえば、電話・メールなどが一般的ですが、LINEモバイルではLINEのトークでもサポートを受け付けています!

僕みたいな人だと「電話とかするよりLINEで聞いたほうが聞きやすい」っ思うので、すごくありがたいですね。

公式サイトはこちら

LINEモバイルの格安プランのおすすめ

LINEモバイルのプランは大まかに「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3種類あります。

どのプランもオプションで音声通話をつけることができます。

まず、「LINEフリープラン」はLINEのトーク・通話が使い放題になるプランです。

そのほかに使える容量は1GBですが、最安で月額540円から契約することができます。

基本的にWi-Fiを使っているとか、単純に連絡用とかの人は、このプランが最もおススメです。

次にカウントフリーの対象が増えた「コミュニケーションフリープラン」は、LINEモバイルの中軸とも呼べるプラン。

こちらのプランでは、LINEに加え、「Twitter」「Facebook」「Instagram」に関わるデータ通信がカウントフリーになります。

そして、最上位クラスが、上記の「コミュニケーションフリープラン」に加えて「LINEMUSIC」の通信量がカウントフリーになる「MUSIC+プラン」です。

「LINEMUSIC」とは、定額制の音楽配信サービスのことです。学生は学生割引が使えるので、こちらも試してみるのも面白いと思います。

「LINEフリープラン」

容量 データ通信のみ データ通信+SMS データ通信+音声
1GB 500円 620円 1200円

「コミュニケーションフリープラン」

容量 データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
3GB なし 1,100円 1,690円
5GB なし 1,640円 2,220円
7GB なし 2,300円 2,880円
10GB なし 2,640円 3,200円

「MUSIC+プラン」

容量 データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
3GB なし 1,810円 2,390円
5GB なし 2,140円 2,720円
7GB なし 2,700円 3,280円
10GB なし 2,940円 3,520円

データ通信は、ネットだけで090の番号が使えないもので

SMS付というのは、facebookやラインなどで認証す際に使うメッセージアプリを使えるかどうかです。

音声付きのものは、今までのdocomoauSoftbankと全く同じものになります。

まとめ

今回は、「LINEモバイル」を紹介しました。

このなかで自分に合った容量のものを選んでもらうことが一番いいと思います。

僕の場合は「コミュニケーションフリープラン」の5GBがちょうどいいぐらいでしたので、このプランがおススメです!

格安SIMはほかにもいいものがあるのでまた紹介したいと思います。