いわほしの7つ道具

いわほしの7つ道具

肩こりに悩む大学生ブロガーの雑記

渡辺直美に学ぶゴシップネタの使い方

どうも、いわほしです。

 

今「マツコの知らない世界」を見ていたんですが、

今日の話は渡辺直美の海外ゴシップの世界という内容でした。(2017年7月18日放送)

 

その内容が非常に勉強になったので

まとめてみました。

僕の個人的な考えも結構入っているので

純粋なまとめではないですが…

 

 

渡辺直美さん、

さすがインスタグラムのフォロワー日本一だけあって説得力が違いますね。

インスタグラムを使いこなして独自の視点から情報収集しているので、

情報量もすごいですし、写真に対しての観察・考察力が素晴らしいと思いました。

自身もインスタグラムから情報を発信してはる方としてやっぱり見方も違うんですかね。

 

 

僕もインスタグラム初めてみようかなという気持ちになりました。

自分から発信するという面でも、こうして情報を得るためにも

インスタグラムを一度は体験してみないことには

自分に必要かどうかもわからないでしょうし。

 

すごい流され体質ですね僕。笑

 

 

インスタこそゴシップの宝庫

インスタに上がっている写真は、結構細かく確認していると

違うところに気づくらしいですね。

 

いろんな素の表情を見せている写真があったとすれば、

あとから見れば実は恋人が発覚した。とか

有名人の私生活が垣間見えることで、イメージが変わったりと

色々な使い方があるようです。

 

まあ、有名人にならないとこういった使い方は出来ないので

僕のような一般人はどういった使い方が効果的なんですかね?

 

一つは情報収集のために、有名人をフォローして見て回る。

常日頃から見ていないとわからないとは思いますが、

それは他のニュースサイトを巡回して、ニュースを集めるのと同じですよね。

 

もう一つは、

よい写真を撮ってインスタグラムに上げて、

ブログとつなげることで新たな層を発見する。

自分が紹介している商品や建物でもいいでしょうし、逆にブログで使った写真を単体でインスタグラムにアップすることで、そちらからの流入も見込めそうでしょうし。

 

僕がこんなに簡単に思いつくことですから他の人はとっくに気づいてそうですが

一度インスタグラムでもブログとしてのアカウントでも試してみようかなって思います。

 

 

 

海外でのゴシップへの感覚

海外では「ゴシップは取られてなんぼ」らしいですね。

自分が有名になるからプラスだと考えるそうです。

日本では一度ゴシップとして取り上げられたら

そこから上がるのがしんどい。

 

 

ブログでも言えることですが、

自分の意見を言っただけで炎上して発言者が追い込まれるというのが

最近よく見る気がするのです。

 

僕がツイッターでフォローさせてもらっていたブログさんも

一つの記事が炎上してブログ閉鎖まで追い込まれていたし、

 芸能人でも一つの記事が週刊誌に上がるだけで活動休止や引退となってしまうことが多いですよね。

 

日本社会は一度落ちたものは引き上げない社会?

少し話は変わりますが、僕個人が体験していることでも

例えば学生生活において小学校でも起きていた現象だが、

一度勉強についていけなくなった人はおいて行かれて

授業は勉強ができる人を基準に進められる。

その結果ついていけなくてグレてしまったりした友達もいた。

その後その友達は勉強が嫌いになり、中卒で高校には行ってないんですよね。

 

 

僕は両方体験してます。

授業において行かれたこともあるし

逆に授業が進まなさすぎて面白くないと思ったこともあるので

どっちもわかるんですよね

分かってる授業は進むのが遅くて暇~ってなるけど、

本当に分からない授業って先生の言ってることが呪文のように聞こえてくる。

 

僕は、最終的に数学の授業はただ座って時間が過ぎるのを待っている時間でした笑

 

 

今の義務教育の時点でいわゆる落ちこぼれは

落ちたままほっとかれるんだなと思います。

 

たまたま僕は今のところ大学までなんとかなってますが

学生のときからこんなんだから、

社会全体がそんな傾向があるのかな…と将来のことも心配になっています。

 

頑張って頑張って頑張り続けて、いい学校いい大学に行っていい会社に入る

その道中でも落ちるタイミングはたくさんありますし、

そのあとでも「出世ルート」から外れたらもう上がらないんですよね?

 

実際にまだ学生の身なのでドラマとかの印象が強くて、

本当のところはどうなっているのかはわかりませんが

普通の大学生の僕が考えていたのはそんな感じですね。 

 

アメリカとかではゴシップとられまくりで、

突き抜けてダメでも、逆に自分を貫いていてこいつすげぇってなるそうです。

そうやって認められる社会ってすごいいいことだな〜って思います。

多民族国家で様々な人がいるからこそできることでしょうね。

 

ゴシップに日本人が学ぶことがある。

社会が云々言ってましたが、いわれている本人も

海外のゴシップに対して学ぶことはありますよね。

 

考え方などは海外セレブは非常にうまいと思います。

やっぱりメンタルがほんとに強いですよね、

何度叩かれても上がってくるメンタルを持っている。

というか、さほど気にしていないのかどっちか知りませんが笑

 

僕もそのメンタルほしいですー!

ほんとまじで。

 

人ってメンタル次第でいくらでも変われるというのを

この短い人生でも何度も経験してます。

 

ゴシップから収益につなげるには 

ゴシップで、炎上で、知名度だけは上がったことを

有効に使っていくメンタルが大切なんじゃないかなと思いました。

ゴシップ出ている人ってなんかブランド立ち上げているイメージ強いんですけど

そういうのってまあほんとにいいものかもしれないけど有名だから売れているような気がするんですよ。

 

売れてる→有名になる。じゃなくて 有名→売れる。

 

こういうゴリ押しができるのって名前が売れてる人の特権でしょう。

 

こういう図太さってどうやったら身につくんでしょうか?

 

僕が今炎上に巻き込まれたら、すぐ病む自信ありますよ笑

 

 まとめ

ゴシップは金になる。

 

こういう人たちはお金の作り方がうまいし、

稼ぐことにおいては

知名度を持っているのが一番の強みだと思う。

 

ブロガーさんでも、知名度がある人はそれだけで強いですよね。

たとえ全く同じ内容を書いてたとしても、

僕と有名人のブログでは効果が全然違うわけですよ。(当然の話ですが笑)

 

炎上で知名度上げると多分僕のメンタルが持たないので、

別の方法で、真剣に知名度の上げ方を勉強してみようと思いました。