いわほしの7つ道具

いわほしの7つ道具

肩こりに悩む大学生ブロガーの雑記

Chromebook買ってみた

 

どうも、いわほしです。

 

 

 家の自室にあるデスクトップでブログを書いていたのですが、

持ち運びも出来ないしリビングで記事を書くことも出来ない。

頑張って自分の部屋でブログを書いていたのですが、

実は僕の部屋はクーラーがついてないんですよ…

 

あつすぎて死にそう。

扇風機でも限界があるわ!

 

 実際、半分熱中症になってきてました。

 

ということで、

スマホで書くのはちょっと心もとないときのために、

外でブログを書くことのできる持ち運び用の

パソコンが欲しくなってきましたので、

実は買っちゃってました。

 

 

今この記事は

先月買ったchromebook

ブログを書いています。

 

 

2万5千円ぐらいで買いましたが、

アメリカから個人輸入すれば

1万円台で買えます。

 

船で運ばれてくるからか

2週間かかるらしかったので

 

当時すぐにパソコンが欲しかった僕は、

日本のAmazonで買ってしまいました…

だって日本のAmazon速いし… 

 

 

買ってから使っていて思うことは

正直chromebookで十分や!

ってこと。

 

この値段でこの働き

コスパ良すぎ!

です!

 

 

 

僕がパソコンに求めていた条件は

1.安い

現状であまり余裕がないので、

高いものは買ってられない。

 

2.軽い

外で使う用なので性能より軽さを重視。

高負荷の作業は、

デスクトップがあるので対応できる。

 

3.充電長持ち

充電のアダプターを持ち歩いていたら

せっかく軽くしても意味が無い。

 

 

 ということを基準に選びました。

chromebookはその点をすべてクリアしていたので購入しました。

 

 

 Chromebookの良い点

安い

今回買ったものは、

2万円台のChromebook

マジで安い!

 

三万円でお釣りが来る

って安すぎでした!!

 

 

時間がかかってもいいのであれば、

海外で買えばめっちゃ安くなる! 

 

海外発のものは日本で買うと

どうしても転売ヤーが噛んでいて

値段が高くなっている気がする。

 

実際に僕が買ったパソコンもアメリカ版のAmazonでは

3分の2ぐらいの値段で売られていたし、

 

値段にこだわる人は一回海外で買うことも

考えてみることをおすすめします。

 

www.j-love.info

こちらのサイトが

非常に分かりやすく書いてくださっています。

参考にしてみてください。

 

 

軽さ

僕が選んだ機種は、

重さがなんと980g!

1キロ切る軽さでした!

 

実際に

指2本で挟んで持ち上げることができる。

 

 

持ち運びでの使用を

主な使い方としているので、

 

軽さは非常に重要視するポイント。

 

他のものと比べてると差が実感できる。

 

 

起動の速さ

 

パカっと開けたら

もう画面が立ち上がってる。

 

起動の速さは体感2,3秒。

 

 

スリープモードやったら

感覚としては、

スマホと同じぐらい早い。

 

 

動作が軽い

使っていて動きが軽い。

OSがWindowsではなく

ChromeOSになっているので、

余計なものが一切ないから爆速です!

 

 

電池が長持ち

 

カタログ値で、

13時間と書いてあるだけに、

めっちゃ持ちます!

 

僕の使い方では、

3日間充電しなくても

余裕で使えるぐらいです!

 

しかも、充電するのが早い!

 

1,2時間で充電が完了するので、

常に使い続けることができます。

 

 

キーボードが打ちやすい

ノートパソコンを買うとよくある話ですが、

キーボードの配置が変なパソコンがありますよね。

特に持ち運び用に小さいパソコン。

 

Chromebookはちゃんとしてました。

 

EnterもBack Spaceも大きくて打ちやすい!

一つ一つのボタンが大きい!

 

(前に使っていた激安ノートパソコンは

小指の爪サイズだったので、使いづらかった…)

 

検索ボタンもあってちょっとしたときとかが楽。

 

タッチパッドが快適

クリックも軽くタップするだけでできる

二本指でドラッグするとスクロールできるなど

機能がしっかりしているので

マウスが必要なくなりました。

 

タッチの反応も良い。

せっかくの持ち運び用だから、

マウスが必要ないというのは

とてもありがたい。

荷物がかさばらなくて済むし。

 

 

安いのに安っぽさを感じない見た目

Windowsのパソコンだと、

安くて性能はいいけれど、

見た目がほんまにダサいパソコンって

ありますよね。

 

それでも良かったんですが、

外でドヤれないじゃないですか笑

 

Chromebookは見た目も薄く、

スタイリッシュなデザインに仕上がっているので、

Macに混ざってドヤっていても違和感無いですよ笑

 

壊れてもなくしてもデータは安全

Chromebookの本体にデータを保存せず

クラウド上にデータを保存するため、

紛失した時のリスクも大幅に下がる

というわけです。

 

別の考え方をすると、

たとえ落として使えなくなっても、

新しいChromebookでログインすれば

すぐに使える状態になっているので、

問題ないです。

 

セキュリティも問題なし

標準でセキュリティ対策がされているので、

自分でする必要はありません。

 

更に、自動でアップグレードされているので

常に最新の状態で使うことができます。

 

そもそも、Chromebookにはアプリやソフトを

インストールする機能がついていないため

ウイルスが入ってくることもないです。

 

良くない点

特徴的な部分が、

見方によっては悪い点に感じるので

あえて悪い見方でご紹介したいと思います。

 

基本的にはオンラインで使うことを前提に作られている。

データを本体で管理せずに、クラウドで管理しているので

作業はオンラインでやる必要があります。

 

とはいっても最近は、

スマホテザリングでどこでも使えますし、

個人的にはマイナスには思っていません。

 

Windowsで使えたソフトが使えない。

 

これも考え方によっては

良いことではありますが、

Chromebookはソフトなどは

ダウンロード出来ません。

つまりiTunesは使えません。

 

これも動作の軽さとセキュリティを重視した結果なので、

仕方ないかなと思いますけどね。

 

iTunesを使いたい人は

家のパソコンで使ってください。

 

そして、

画像編集や動画編集などの重い作業は

メインのパソコンでないと

動かないかと思います。

 

 

 

まとめ

 

友達のMacbook airを触らせてもらったときに

思ったんですけど

chromebookMacもあんまり変わらなくね?

と思いました。

 

僕が簡単な作業しかしていないこともあるとは思いますけど、

ブログを書くぐらいならMacBookで無くても書けてます。

 

 

 

とにかく僕が言いたいのは 

コスパは最強クラスなんで

お金はないけどパソコンが欲しいんや~

と思っている方は、

 

候補の一つとして考えてみてください。

 

 

記事のターゲットを明確にする!初心者アクセスアップ①

 

夏休みに入り、

ブログに費やせる時間が増えてきました。

 

なんとかこのタイミングで

ブログのアクセスアップを図りたい

 

ということで、

アクセスアップ企画第一弾です。

 

 

今回は、最近気になっていた

ブログ記事のターゲットを誰にするのか?

ということについて。

 

 

僕のブログの読者は誰なのか?

今現在、僕のブログへの流入

9割検索からで、

残り1割をTwitterはてなブログ内から

と極端な流入になっています。 

 

つまり

Twitterで記事をツイートしているのも、

はてなブログのグループに入っているのも

使いこなせていないということ。

 

ほぼ検索からしかアクセスがないというのは

表面上だけ見れば良いことなのかもしれないですが、

 

単純にSNSからのアクセスがないだけですね笑

 

 

 

今後の方針を考えてみると、

1.SNS方面への対策をする。 

2.SNSは無視して、ひたすら検索を重視する

 

大きく分けるとこの二通り。

 

 

これも最初に言っていた

”ブログのターゲットを誰にするか”

にもつながります。

 

 

Twitterへの対策

一つ目のSNSへの対策としては、

まずは、僕のフォロワーさんについて知る必要がある。

 

僕がTwitterでフォローしている人は、

同じブロガーさんであることが多い。 

 

フォローされている人は、

ほとんどがフォローを返してきてくださった人達なので、

こちらもブロガーさんがほとんど。

 

そりゃあ読んでもらえないわけだ。

ブロガーさんには関係ない記事が多いわけだし笑

 

その記事のターゲットが目にする場所に記事を公開する。

基本のことですが、自分はできてませんでした。

 

 

 

ということは、今後Twitter

自分の記事がより読まれるためには、

 

1.ブロガーではなく一般人のフォロワーを増やす。

2.ブロガー向けの記事を増やして更にクオリティを上げる。

 の二通りかなと。

 

ブロガー向けとしても

何年もやって結果を残している人よりは

僕と同程度の初心者向けの記事の方が、

共感を得られるので

読んでもらえるのではないでしょうか。

 

今後の対策としては、

同タイミングでブログを始めた人を

たくさんフォローさせてもらうことにしましょう。

 

 

検索でウケる記事の書き方

検索でウケる記事は正直わかりません。

まだ結果を出せてないので笑

 

ただ記事の書き方としては、

今書いているこの記事は方向が違いますね。

 

この記事を読むとすれば

同じ初心者のブロガーさんか

たまたま目にした暇な人かぐらいでしょう。

 (それ以外で見て下さった方ありがとう御座います!)

 

 

 特化ブログか雑記ブログか

ブログの記事の方向性を考える上で

どうしても外して考えることが出来ない

問題だと思います。

 

最初に書き始めたときは、

雑記ブログとしてやるから

何でも書けるものにしよう!

 

と思って書いていたのですが、

 あまりに色々とジャンルを増やしすぎたのが

原因で、前の記事と次の記事が

全く関係ない内容になっています。

 

せっかく読んでくれた人が次に

読みにきてくれた時にその1人の興味のない

内容になっているのがよくない。

 

記事数の多い雑記ブログだと

ブログ全体では記事のジャンルはバラバラでも

一つの記事ジャンルで何個か記事を書いているので

ある程度のまとまりを出しやすい。

 

初期の運営方法としては、

雑記ブログといいつつもある程度の方向性は

絞っていかないと良くない…

というか難しいのかなと思います。

 

雑記ブログと特化ブログは

様々なブログで比較されていますが、

 

それぞれの記事を読ませて頂いて思ったこととしては、

 

雑記ブログは”書き手”が書きやすいことが中心。

特化ブログは”読みて”が読みやすいことが中心。

 

一言にまとめるとこうなるのかなと思います。

 

雑記ブログはなんでも書けるが、

なんでも書けるせいで、

読者からすると全部の記事が読みたいわけでもない。

 

 

記事のジャンルが同じだと、

別の記事も読者が興味のある内容の可能性が高いので

読んでもらいやすくなる。

 

自分がブログのターゲットを明確にできていれば

特化ブログか雑記ブログかは自ずと決まってくると思う。

 

 

まとめ

Twitterでアクセスアップを図るなら

Twitterで受ける記事を。

 

はてなブログでアクセスアップを図るなら

はてなブログに受ける記事を書く。

 

自分が”誰に読んでほしいか”

はっきりさせて記事を書くことが大切。

 

そしてコレは、雑記ブログか特化ブログかと

いう問題にも関わってくる話だと思う。

 

一番良いのは、

ブログのターゲットがはっきりしている。

SNSでもブログでも同じターゲットを相手にしている。

ことなんじゃないでしょうか。

 

今後の方針としては、

SNSを狙うような記事を少しはさみつつ今まで通り検索にウケる記事を書いていく

・記事のジャンル数をむやみに増やさずに一つ一つのジャンルの記事数を増やす

 

という方向で頑張ろうと思います。 

受験は英語を”武器”にするべきです

f:id:rockstar7tools:20170729202517j:plain

受験生のみなさん、

あなたはどの教科を優先して勉強していますか?

 

均等に全部の教科の勉強をしている人がいれば

この記事を読んで、ちょっと考え直してみてください。

 

受験は英語に始まり英語に終わる。

僕はそう思っていますし、

実際にほぼ英語の点数だけで大学に合格しました。

 

英語の重要性は

他の教科と比べても頭ひとつ抜けています。

 

そのことについて説明していきたいと思います。

 

受験でのあなたの”武器”はなんですか?

あなたは、

この教科だけは自身がある!という教科を持っていますか?

 

すべての教科をまんべんなく勉強するデメリット

全部の教科をまんべんなく点が取れるというのは

ある意味で器用貧乏ともいうことが出来ます。

 

そして、すべての教科が

一つだけ集中して勉強したときと比べて点数の伸びが悪いです。

勉強している時間が短いので当然の話ですが。

 

 

全部の教科を合格点に持っていくことと

自分の得意な教科を合格点から突き抜けて

他の教科を手助けする教科にすることは

どっちが簡単だと思いますか?

 

 

自分がこの教科だけは得点源として期待できるという

教科を作っておくことはとても重要です。

 

 

もちろん一つの教科に集中することにもリスクはあります。

だからこそ、英語が最適なのです。

 

英語が”武器”として最適な理由とは?

英語が”武器”として最適だという理由は、

  • 他の教科と比べて安定感があること

があげられます。

 

英語

他教科と比べても入試での配点が高い。

問題が予想と違うとしても英語の基礎ができていれば

対応できるので、予想外の事態が起こりにくい。

問題の種類も他教科よりは豊富なので得意な問題の種類ができやすい。

 

国語

現代文は才能や今まで本を読んできたかどうかが大きいので

今から”武器”にはしづらい。

古文や漢文などを勉強してあくまで平均点を目指して、

得点源の教科の足を引っ張らないようにしておく。

 

数学

勉強しても試験当日にどんな問題かどうかがわかりづらい。

毎年数学は難易度のブレが他教科と比べても激しいため、この教科を

得点源として期待しているとリスクが高すぎるため、

絶対に”武器”にはならない。

 

個人的には0か100かといったイメージです。

 問題数が少ないので一つ間違えると終わり。

 

理科・社会

入試での配点が英語・国語・数学に比べて少ないことが

多いため、得点源にはならない。

ここで点をとっても上の主要科目が取れなければ意味がない。

 

英語は他教科よりも簡単である

他の教科は、問題を理解してもイコール解けるとは限らない。

ですが、英語は問題が読めたらそれで解けるのです。

 

要は英語は問題を読むだけ、

他教科は問題を読んだ上で考えて正解を作らないといけない

 

じゃあ国語はどうやねん!という人もいるでしょう。

 

国語は日本語で書かれています。(当たり前)

英語は英語で書かれています。

 

英語の問題を日本語訳したときに

現代文の文章と英語の文章の日本語訳

どちらの文が難しい文章でしょうか?

 

おそらく国語の文章のほうが難しいでしょう。

 

 

つまり英語は読むことさえできれば

問題自体の難易度はダントツで簡単だということです。

 

まとめ

英語を入試での得点源にするメリットは

・英語の配点は他の教科と比べても高いので、軸にしやすい

・他教科と比べて試験時の安定感がある

 

英語は外国語なのでそこまで難しい問題は出ない。

問題の意味を理解できるかどうかなので他教科より楽。

 

今まであまり勉強していなくて焦っている人や

まだ点数が伸びていない人は勉強するなら

英語からやったほうがいいですよ。

 

という記事でした!

 

大学生が夏休みにやりたい資格5選

f:id:rockstar7tools:20170804190743j:plainどうも、いわほしです。

 

大学の夏休みって結構長いですよね。

 

 

rockstar7tools.hatenablog.com

 

こちらの記事でも夏休みの過ごし方の例を

ご紹介しましたが、

 

せっかくの夏休みなので、

資格とか取ってみても面白いと思います。

 

資格はホントにたくさんあるので

 

自分が勉強したいことを勉強して

そのことをネットで検索したら

資格として認められるってこと

もよくあります笑 

 

今回は、

大学の夏休みに勉強してとりたい

資格をいくつかご紹介します。 

 

この機会に

資格を取ってみてはどうでしょうか?

 

 

簿記

 

商学系の資格。

資格の中では非常に有名な資格です。

 

その分持っているということが

就職でも役立つ資格です。

 

3級程度であれば

短期間の勉強で取ることができると思うので

資格をとりあえず取っておくなら?

と聞かれたらまずコレですね。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS

Word、ExcelPowerPointなど

ビジネスでよく使うソフトに関する資格です。

 

社会人になればパソコンのスキルも必要とされますし、

学生でも使い慣れている方は

取るのが楽なので、持っておいて損はないです。

 

 

TOEIC

これは定番ですね。

年間10回試験があるので

いつでも受験出来ますが

 

夏休みほどまとまって勉強できる期間もないので

せっかくなのでおすすめしておきます。

 

今や外資系に限らずどこの企業でも

TOEICの点数で採用が左右されるほど

影響力が大きい資格です。

 

一般的にビジネスで使える基準は

730点程度〜らしいです。

 

できたらそのレベルまで取りたいですね〜。

 

世界遺産検定

これは、個人的におすすめしたい資格です。

旅行に行ったときに

そこの場所の知識があるかないかで

旅行の楽しさは大きく変わってきます。

 

また世界遺産の勉強をしていることで

余計に旅行に行きたくなるので、

仕事やバイトのモチベーションにもなります笑

 

お酒に関する資格

  • 日本酒検定
  • ビール検定
  • ワイン検定

 

 

せっかく大学生になってお酒を飲めるようになったので

お酒に関する知識を持っていると

年上の人とも話が広がります。

 

お酒を知ることで、

悪酔いすることもなくなります

お酒の場を楽しむことも出来ますよ!

 

お酒は悪いものではなく、

人とのコミュニケーションを

円滑にするものですから、

有効に活用していきましょう。

 

特に大学生は

バカみたいに飲むので

若い内から知識を持っておくことは

大事ですよ〜。

 

ちなみに、

有名な”ワインソムリエ”は

飲食店で働く人しか取れませんが、

 

”ワイン検定”は20歳を超えていれば

誰でもとることが出来ます。

 

まとめ

夏休みに資格をとる人は

結構多いです。

 

自分の趣味として取る人もいれば

就職に役立つから取るという人もいます

 

僕は就職に役立つからという理由は

好きではないですけど、

実際に使えるのでしょうがないですね。

 

皆さんもこの夏やることがないなら

資格の勉強をしてみてください〜!

 

Googleフォトと連携に失敗…したけどすぐ直ったわ

 どうも、いわほしです。

 

今回はタイトルの通り僕の失敗談です…

(8月2日追記 結局直りました笑)

 

 

はてなブログの編集画面のサイドバーって

色々な機能が使えますよね。

 

カテゴリーの変更とか

SNS画面の埋め込みとか

過去記事も簡単に入れることができます。

 

そんな便利な機能なので、

全部使ってみたい!と

適当に触っていたわけです。

 

 

そして色々触って連携させて

楽しいな~と浮かれているときに

Googleフォトを見つけたので、

勢いではてなブログと連携させてみたんですよ。

 

普段使わない捨て用アカウントで。

 

なんででしょうね笑

勢いとは怖いものです。

 

この時いつものアカウントでログインしていたら

こんなことにはならなかったのになぁ…

 

 

 

本来なら

はてなブログGoogleフォトを

連携させることはとても良いことなんですよ。

 

 

でも今の僕のは全く使い物になりません。

 

元々の写真のデータもないし

スマホとも連動させてないから

新しく写真を撮ってもはてなブログ

使えないし。

 

まあそのアカウントで全部やり直せばいい話

ではあるんですけど、

 

まあ気持ちの問題ですよ。

 

せっかくブログ用にGoogleのアカウントを

取得して、

ブログもTwitterも何もかもそのアカウントで

やってきているので、

別のアカウントを使うのってなんか嫌なんですよね。

 

 

どうしましょう…

 

追記

実はこの記事を書いたのは7月31日だったのですが、

翌日に落ち着いて考えなおしたら、

 

パソコンの履歴を消すところで

cookieを消したら

ログインし直すことが出来ました!

 パチパチパチパチ

 

実際思いつくと簡単なことでしたが、

ネットで調べても

はてなブログGoogleフォトの

連携に失敗している話なんか全く見当たらなかったので

 

一応困っている人がいるかもしれない

と思って記事にしてみました。

(簡単すぎて誰も失敗しないだけかもしれないですが笑)

 

 ではでは~!